スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
渋草焼

渋草焼の故郷である岐阜県高山市は、その昔、徳川幕府直轄の天領地として繁栄した町です。また、飛騨山中の木材の集積地としても大変に栄えていました。

現在でも全国から観光客の集まる高山祭りでは、豪華な山車などに当時の繁栄ぶりをうかがうことができます。

全国の陶器を扱う町にはそれぞれの特徴がありますが、ここ高山市を代表する渋草焼も、高山の豪勢な町人文化の中から生まれた焼き物と言えます。

渋草焼で扱われる磁器では、青白く光沢のある素地に、美しい染付けや赤絵が描かれており、食器や装飾品など高級感のただよう器となっています。

渋草特有の絵付けも、その特徴となっており、透き通るような青白い時期には呉須(ごす)で描いたザクロ文様や唐草文様などの「渋草調」と呼ばれる染付けや赤絵の装飾が施されています。

この赤絵は、陶器の方にも描かれますが、こちらは土味を生かしたしぶい雰囲気のものが多く、花器や茶器が中心となっています。

陶器に描かれる赤絵の方は、九谷の陶工に影響を受けたと思われる絵柄が多く、花をモチーフにしたものや子どもなどの人物紋様が描かれています。

そのときにはぜひ、歴史ある高山の町で生まれた渋草焼を手にして触れてみてください。

関連情報
信楽焼の和陶器福袋のご紹介です。 今回ご紹介する福袋は、 ショップの閉店セールの福袋のため、 いつも以上に大量の和食器が入っています。 もちろん、電子レンジ・食器洗浄機も使える、 信楽焼の和陶器ばかりが入っています。 ...(続きを読む)
参考:ミニカットソー 非鉄金属用 50個入り1BOX卸販売 オープンテディ ピンクセラミック腕時計 大容量ボディバッグ 美人スタイル 

スポンサーサイト
【2009/12/08 08:00 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<健康と食事の関係 | ホーム | 硬膜外麻酔による合併症>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://webmemonoteb.blog123.fc2.com/tb.php/503-be9729d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。